« 新年、おめでとうごぜえやす | トップページ | 名月赤城山 »

2009年2月 8日 (日)

十手持ちは始末におえねえぜ

時代仕上げの藤巻十手時代劇でおなじみの捕り物道具 

国定忠治の無頼日記66   天保6年(1835)7月~26歳

木崎一家に団子屋の吉十ってえ野郎がいるんだけどな、こいつが八州様の御用聞きになったんだってよお。

軍師の話によると、奴は名前まで変えて、威張っていやがるらしい。八州様に吉田左五郎様ってえのがいてな、その倅を養子に迎えて、左五郎にあやかって左三郎って名乗ってるそうだ。

まったく、八州様の威を笠に着て、十手を振り回すなんて許せねえ野郎だぜ。

たたっ斬ってやりてえが、軍師が言うには殺すほどの値打ちもねえし、逆に利用してやろうじゃねえかって言うんで、しばらくは様子を見ている事にしたんさ。

|

« 新年、おめでとうごぜえやす | トップページ | 名月赤城山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/27887182

この記事へのトラックバック一覧です: 十手持ちは始末におえねえぜ :

« 新年、おめでとうごぜえやす | トップページ | 名月赤城山 »