« 伊三郎の弱みは女好きだってよ | トップページ | 円蔵さんを軍師って呼ばせてもらうぜ »

2006年9月29日 (金)

おりん姉さんは娘っ子の憧れの的だア

日本女侠伝 侠客芸者   日本女侠伝 侠客芸者

国定忠治の無頼日記40    天保2年(1831)10月~22歳


おりん姉さんが国定村の賭場で壷を振ったら、若え娘っ子が大勢、集まって来やがったぜ。

旦那衆が集まるんは当たりめえだけどよう、娘っ子が集まるたア、まったく、意外な展開だったぜ。

娘たちは粋なおりん姉さんに憧れて、髪形や着物の着方、帯の締め方と何から何まで、おりん姉さんの真似をしてやがる。

おりん姉さんが散歩をすりゃア、同じ格好した娘っ子がぞろぞろと後に付いて行くってわけよ。まったく、面白え眺めだぜ。中にゃア、本気に壷振りになりてえって娘っ子もいたらしいが、おりん姉さんが説得して帰したようだ。

お町の奴まで影響を受けて、おりん姉さんの真似をしてやがる。姉さんから色々と博奕打ちの話を聞いて、いいアネさんになろうと張り切ってるようだ。まあ、頑張ってくんねえってなもんだ。

侠客 国定忠次一代記

|

« 伊三郎の弱みは女好きだってよ | トップページ | 円蔵さんを軍師って呼ばせてもらうぜ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/3629518

この記事へのトラックバック一覧です: おりん姉さんは娘っ子の憧れの的だア:

« 伊三郎の弱みは女好きだってよ | トップページ | 円蔵さんを軍師って呼ばせてもらうぜ »