« 島村の伊三郎 | トップページ | 女壷振りは境宿の名物さ »

2006年8月 8日 (火)

忠治の家族

国定忠治の周りの人たち.4

国定忠治は文化7年(1810)、上野国佐位郡国定村(群馬県伊勢崎市国定町)に生まれました。

父親は長岡与五左衛門(1784-1819)、母親(1792-1845)は間野谷村の金田助五郎の娘でした。

本名は長岡忠次郎で、忠治というのは俗称です。本来なら、忠次と書くべきなのですが、忠治の方が一般的になってしまったようです。忠次本人は、そんな事ア、どっちでもいいやな、と言いそうですが。

祖父は権太夫といい、忠治が7歳の時に亡くなっています。祖母は忠治が生まれた時にはすでに亡くなっていました。

二つ年上の兄がいたようですが、幼くして亡くなり、四つ下に弟の友蔵(1816-1889)がいます。

忠治が生まれた長岡家は名主を務めた事もある家柄で、八反屋敷と呼ばれる広い敷地を持つ裕福な農家でした。

父親は赤堀村の本間仙五郎の道場で念流の剣術を習い、なかなかの腕だったようです。仙五郎の倅の千五郎と同い年で、兄弟弟子の間柄です。後に、忠治は千五郎から剣術を習います。

父親がもう少し長生きしていたら、忠治の生き方も違っていたでしょうが、父親は忠治が10歳(数え年)の時、36歳の若さで亡くなってしまいました。残された母親は二人の子供を抱えて苦労した事だろうと思います。

|

« 島村の伊三郎 | トップページ | 女壷振りは境宿の名物さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/2978993

この記事へのトラックバック一覧です: 忠治の家族:

« 島村の伊三郎 | トップページ | 女壷振りは境宿の名物さ »