« お町の奴、アネサンて呼ばれて、上機嫌よ | トップページ | 島村の伊三郎 »

2006年7月24日 (月)

大前田栄五郎

国定忠治の周りの人たち.2

本名は田島栄五郎です。一般に大前田村の栄五郎で通っていますが、大前田一家の親分ではありません。大前田一家は兄の要吉が継いでいたので、栄五郎は旅で男を売って名を上げました。名古屋から伊豆にかけて東海地方に縄張りを持っていたようです。

15歳の時、兄弟分の月田村の栄次郎と一緒に三下奴を斬って、最初の旅に出ます。その時は2年程で故郷に戻れたようです。

25歳の時、月田村の栄次郎と武井村の和太郎の三人で、東上州の大親分と言われた久宮(くぐう)一家の丈八を殺します。この時は指名手配になってしまい、故郷に近づく事は難しくなってしまいます。栄五郎は美濃へ、栄次郎は甲州へ、和太郎は日光へと、バラバラになって逃げ、各地の親分さんを訪ねての長い旅が始まったのです。

30歳の頃は名古屋に落ち着いていたようですが、32歳の時、江戸に出て、無宿狩りに遭って捕まってしまいます。牢屋に入れられ、その後、佐渡ヶ島に送られます。佐渡の金山の金掘り人足をさせられたのです。

佐渡送りにされたら、二度と生きては戻れないと言われていましたが、栄五郎は見事に島抜けに成功します。佐渡ヶ島には一年位いたようです。

島抜けの後、武州の藤久保に隠れていた時、国定忠治が無宿人を殺して頼って行きます。その頃には、栄五郎の名は博奕打ちの世界では有名になっていて、あちこちに呼ばれては喧嘩の仲裁役を買って出ていました。

41歳の時、兄弟分の栄次郎の仲介で久宮一家との和解が成立して、ようやく、故郷に戻れるようになりました。

明治7年、82歳で亡くなるまで、大親分として各地の親分さんたちから畏敬の目でみられ、仲裁役として活躍していました。

「大前田栄五郎の生涯」より     大前田栄五郎の略歴

|

« お町の奴、アネサンて呼ばれて、上機嫌よ | トップページ | 島村の伊三郎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/2778755

この記事へのトラックバック一覧です: 大前田栄五郎:

« お町の奴、アネサンて呼ばれて、上機嫌よ | トップページ | 島村の伊三郎 »