« 襲名披露は大成功さ | トップページ | 親分になって最初の賭場はうまく行ったぜ »

2006年5月23日 (火)

円蔵さんのかみさんは噂に聞く女渡世人なんだってよお

緋牡丹博徒 一宿一飯

国定忠治の無頼日記33   文政13年(1830)9月3日~21歳


親分にはなったけどよお、情けねえ事に、子分は七人しかいねえんだ。これじゃア、とっても、やっちゃア行けねえや。まず、頭数をそろえなきゃなんねえ。俺ア、昔の仲間に声を掛けてみたぜ。

ありがてえ事に、国定村の清五郎次郎田部井村の又八曲沢村の富五郎五目牛村の千代松、この五人が子分になってくれたよ。嘉藤太も子分になるって言ってくれたけど、お町の兄貴を子分にするわけにも行かねえから、兄弟分の盃を交わしたんさ。

客人の円蔵さんも入れて15人になって、さっそく、伊三郎に殴り込みを掛けべえって息巻いたんだけど、円蔵さんに止められちまった。戦に勝つにゃア、まず、敵の事をよく調べなけりゃ駄目だって言うんだ。
それに、真っ先にやる事は客がいなくなっちまった伊勢屋の賭場に客を集める事だって言ったよ。しかも、女子に壷を振らせるなんて言い出したんだぜ。

女渡世人の噂は時々、耳にする事アあっても、今まで見た事アねえ。噂によりゃア、女渡世人てなア、目の覚めるようなベッピンで、片肌脱いで、片ひざ立てて壷を振るという。そんな女壷振りが伊勢屋で壷を振りゃア、客が集まって来るに間違えねえ。旦那衆が鼻の下を伸ばして寄って来るぜ。

でもよお、そんな女が実際にいるなんて信じられなかったよ。ところが、どっこい、円蔵さんのかみさんが女壷振りだってえじゃねえか。たまげたねえ。弁天のおりんて名で、まずまずのベッピンで、今、信州にいるらしい。円蔵さんはさっそく、かみさんを連れて来るって出掛けて行ったよ。

伊三郎の事ア、円蔵さんに任せて、俺たちゃ、国定村と田部井村から久宮一家の奴らを追い出す事に精出したのさ。

|

« 襲名披露は大成功さ | トップページ | 親分になって最初の賭場はうまく行ったぜ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/1905642

この記事へのトラックバック一覧です: 円蔵さんのかみさんは噂に聞く女渡世人なんだってよお:

» なんかいろいろありましたが・・・・ [元気になりました!]
やっぱママはすごいね。その一言を聞いて、なんか自分が恥ずかしくなっちゃったよ。 [続きを読む]

受信: 2006年5月24日 (水) 06時05分

« 襲名披露は大成功さ | トップページ | 親分になって最初の賭場はうまく行ったぜ »