« てえへんだア、親分が‥‥‥ | トップページ | 上州無宿長岡忠次郎――世に『国定忠治』と呼ばれた »

2006年4月29日 (土)

驚くなよ、俺は百々一家の親分だぜ

国定忠治の無頼日記31   文政13年(1830)8月20日~21歳

倒れた親分のお見舞いに前橋から福田屋栄次郎親分が来てくれたんだ。この前、助けてくれた時に一緒だった代貸らしい男も一緒だった。

お見舞いが済んだ後、俺は栄次郎親分に呼ばれて、この前のお礼を言ったんさ。本名を名乗ったら、栄次郎親分は驚いて、おめえが国定村の忠治だったのかい。噂は兄弟分の栄五郎親分玉村の佐重郎親分から聞いてるぜって言ったんだ。俺は今までのいきさつを簡単に説明したんさ。

そしたら、栄次郎親分は飛んでもねえ事を言い出したんだ。この俺に、百々一家を立て直してみろってな。そして、栄次郎親分の連れの男が、あっしに手伝わせてくれって言い出した。日光の円蔵って名で、栄次郎親分とこの客人だったんだ。昔、山伏だったんで、兵法とかに詳しいらしい。

よく考えておけって言って、栄次郎親分は帰って行った。

それから一ヶ月経っても、親分の具合はよくならなかった。このままじゃ、うまくねえと、親分の兄弟分の川田村の源蔵親分八寸村の七兵衛親分、そして、福田屋栄次郎親分が相談して、百々一家の跡目を俺に継がせる事に決めちまったんだ。

俺はまごついたぜ。だって、文蔵兄貴を差し置いて、俺が親分になるわけにゃアいかねえぜ。でもよ、親分たちが文蔵兄貴を説得したらしくて、文蔵兄貴は俺の子分になるって言ってくれたんだ。

うれしかったねえ。俺は引き受ける事にしたよ。日光の円蔵さんが客人として残ってくれたんで、助かったぜ。強え味方ができたって感じよ。

俺たちは一致団結して、改めて、伊三郎と戦う覚悟を決めたんさ。

|

« てえへんだア、親分が‥‥‥ | トップページ | 上州無宿長岡忠次郎――世に『国定忠治』と呼ばれた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/1611012

この記事へのトラックバック一覧です: 驚くなよ、俺は百々一家の親分だぜ:

« てえへんだア、親分が‥‥‥ | トップページ | 上州無宿長岡忠次郎――世に『国定忠治』と呼ばれた »