« 庶民に慕われた国定忠次(忠治)の一代記 | トップページ | はらわたが煮えくり返ったぜ、くそったれが! »

2006年4月 4日 (火)

磔の忠治を演じたその時から忠治伝説は始まった

国定忠治に関する本.2

国定忠治

『国定忠治』     高橋敏著 岩波新書 2000年


悪政と腐敗に立ち向かうアウトローの壮絶な生涯


1850年冬、上州大戸の関。大観衆の見守るなか「磔(はりつけ)の忠治」を見事に演じたその時から、忠治伝説は始まった。

体制から離脱し反骨をつらぬいた生涯から見えてくる公的支配の実態とは?

幕府が崩壊に向かう時代の社会の激動に注目し、伝承の世界に長く閉じ込められてきたアウトロー忠治の実像を、歴史のなかに位置づけ直す。(表紙カバーの折り返しより)

 国定忠治

|

« 庶民に慕われた国定忠次(忠治)の一代記 | トップページ | はらわたが煮えくり返ったぜ、くそったれが! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/1274246

この記事へのトラックバック一覧です: 磔の忠治を演じたその時から忠治伝説は始まった:

« 庶民に慕われた国定忠次(忠治)の一代記 | トップページ | はらわたが煮えくり返ったぜ、くそったれが! »