« 二人の機嫌を取りながら、うまくやってるのさ | トップページ | 壷振りは忙しいけど稼ぎはいいぜ »

2006年3月31日 (金)

俺たちゃ壷振りに格上げになったぜ

国定忠治の無頼日記.25   文政12年(1829)10月11日~20歳

絹糸

境宿の絹糸市は賑やかなんだぜ。市の立つのは二と七の付く日で、その六日間は大忙しさ。

市は上市、中市、下市の三ヶ所で順番にやるんだ。百々一家の賭場も三ヵ所にあって、市のある日は三ヶ所同時に開かれるんだ。俺は文蔵兄貴と一緒に上町にある伊勢屋の賭場にいるんさ。

俺たちゃまだ賭場を開帳する事ア許されちゃアいねえんで、市のねえ日は雲助相手に修行を積んでるんさ。今日も汗臭え人足部屋で壷を振ってたのよ。久次孫蔵が交替にやって来たんで、俺と文蔵兄貴は1杯ってから女の所に行くべえって、井戸端で顔を洗ってたんさ。

そこに三下奴の清蔵の奴が血相を変えて飛び込んでき来やがった。どっかで、喧嘩でもおっ始まったんかと聞いてみりゃア、代貸の啓蔵兄貴が子分を引き連れて、島村の伊三郎の子分になっちまったってえじゃねえか。俺アたまげたよ。まさか、代貸が裏切って、寝返るたア思ってもいなかったぜ。

裏切り者を許すしちゃおけねえって新五郎の兄貴が殴り込みを掛けるって息巻いて、俺たちも喧嘩支度をしたんだけどよお、親分は許しちゃアくれなかった。

明日は市日だから、啓蔵が預かっていた佐野屋の賭場の後釜を決めるんが先決だって言って、惣次郎の兄貴が代貸に格上げになったんさ。そしてよお、俺が佐野屋で壷を振る事に決まったんだぜ。文蔵兄貴も伊勢屋で壷を振るんさ。

裏切り者は許せねえけどよ、奴らのお陰で、俺たちの格が上がったってえわけよ。嬉しかったねえ。俺たちゃ、その晩、みっちり稽古をしてよ、明日の本番に備えたってわけよ。

|

« 二人の機嫌を取りながら、うまくやってるのさ | トップページ | 壷振りは忙しいけど稼ぎはいいぜ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/1226348

この記事へのトラックバック一覧です: 俺たちゃ壷振りに格上げになったぜ:

« 二人の機嫌を取りながら、うまくやってるのさ | トップページ | 壷振りは忙しいけど稼ぎはいいぜ »