« 盃を貰おうと思ったら、断られちまったよ | トップページ | 高萩の万次郎親分は若えわりにゃア貫禄あったねえ »

2006年2月17日 (金)

三下修行は厳しいが、俺ア負けねえぜ

お鶴

国定忠治の無頼日記.8   文政9年冬~17歳

三下修行は思っていたよりも厳しいぜ。

薄暗え狭え部屋に押し込められて、火もねえ寒い中、五人の三下と一緒に雑魚寝さ。

朝はまだ暗えうちから叩き起こされ、子分たちに怒鳴られながら、夜遅くまでこき使われるんだ。

俺ア知らなかったが、三下奴ってなア、博奕打ちの世界じゃ人間として扱われねえんだ。

飯だけは食わせて貰えるが、銭は一銭も貰えねえ。

銭がねえから遊びもできねえし、酒も飲めねえ。

もっとも、次から次へと、あれやれ、これやれって子分どもがうるせえから、そんな暇なんかねえけどな。

まったく、寝る事だけだぜ、楽しみっていやア。

畜生、お鶴の奴が懐かしいぜ。早く会いてえよ。

栄五郎親分の話じゃ、来年の夏頃にゃア国定村に帰っても大丈夫だんべっ言ってたけど、来年の夏といったら、まだまだ先の話だ。

こんな事なら三下になんかならねえで、栄五郎親分の客分でいた方がずっと、ずっとよかったさ。

でもよお、子分になるために必死に頑張っている三下どもを見てるとな、俺も奴らにゃ負けるわけにゃアいかねえって思うんさ。

こんな事でくじけちまったら、この世界じゃ生きちゃア行けねえからな。

栄五郎親分から盃を貰うまでは、歯を食いしばって、じっと我慢するしかねえのよ。

それにしても、万吉って野郎は頭に来るぜ。アネさんの弟だからって、でけえ面しやがって。

今にみていやがれ。必ず、土下座させてやるからな。

|

« 盃を貰おうと思ったら、断られちまったよ | トップページ | 高萩の万次郎親分は若えわりにゃア貫禄あったねえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/44960/735119

この記事へのトラックバック一覧です: 三下修行は厳しいが、俺ア負けねえぜ:

» もう16日って・・・ [卒業写真(赤い糸のススメ)]
本命は何気にまだ机の上にあったりするw カビ生えちゃうかな・・・ まぢでだから誰かもらってください・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ フリメでOKだから・・・ちょこもらって(涙) http://www.love-housoku.com/index.asp?20... [続きを読む]

受信: 2006年2月17日 (金) 10時52分

« 盃を貰おうと思ったら、断られちまったよ | トップページ | 高萩の万次郎親分は若えわりにゃア貫禄あったねえ »